初めて僕は息をする

コード・ブルーの思い出

 

昨年の夏、おたく友達から「コード・ブルー3に有岡くんが出るから見て」と言われ、軽い気持ちで見始めたコード・ブルー。放送が終わってから半年以上経ちましたが、いまだにコード・ブルーのことを考える時間があるくらい、私にとってとても大切なドラマになりました。

 

え?どこがそんなに?というと、戸田恵梨香さん演じる緋山先生と、丸山智己さん演じる緒方さんの恋愛がとってもとっても素敵だったからです。

そして、緒方さんが私にとってあまりにヒーローすぎた!!!

 

緒方さんは、緋山先生の勤務する病院の救命救急センターに運ばれてきた元ミシュラン一つ星の料理人。怪我をして手足が不自由になり、もう二度と包丁は握れない。それだけでなく、入院中にレストランのオーナーでもある奥さんにレストランをクビにされ、離婚までされてしまうという、一度に自由も仕事も家族も失った、悲劇のヒーローのようなキャラクターでした。

だけど、緒方さんはお医者さんたちに励まされて前を向いていく…のではなく、持ち前の明るさで、緋山先生や藤川先生を救ったり、励ましたりしていくんですよね。

言葉で前を向かせられる人。苦しいはずの緒方さんが、そちら側に立って物語が展開していくのがたまらなくかっこよかった。

 

 

特に忘れられない台詞が二つあって、

「起きてしまったことは変えられないんだ。今しかない、だったら今、この瞬間をどう生きるかですよ」

「闇の中で暗くなってたら、自分自身がどこにいるかわかんなくなるだろ?だから、闇にいるときこそ気合いで明るくすんだよ。そしたら周りも、見えてくるから」

自分の身に起きてることもちゃんと理解してるけど、前を向きたくて色々思い悩んだひとでないと出てこない言葉だなと思って、胸をうたれたというか。この言葉で周りのお医者さんたちは大切なことに気が付くというのが最高にかっこよかった。

緒方さん自身はこんなに前向きなのに、周りはそうでなくて、奥さんには離婚されるし、元部下にも冷たい言葉をかけられるし、職場もクビになってしまうし…奥さんがいることを言わずに緋山先生に近づいたのも、その時の緒方さんの励みは本当に緋山先生しかいなかったからだと思うし。うわあ最低だとドラマを見ていたときは思ったけど(笑)

 

緒方さんが奥さんと離婚したこともあって、お互いに好きだとは言わないけれど、次第に距離が近づいていく緋山先生と緒方さんがすごくかわいくて……。

(緋山先生がエボラかもしれないと血液検査を受けて、その結果が出る前日に、

「よし、じゃあ明日、晩飯食おう、二人で。昼には検査結果が出るんだろ?緋山先生は明日、なんでもなかったってわかって、それで俺と一緒に飯を食う。どう?デートだ、初デート」

って緒方さんが言ったの本当に惚れるし、全人類惚れるすぎる。自分がエボラかもしれない、と不安な緋山先生をまた救っちゃうんだよなあ…。)

 

けどあんなに前向きだった緒方さんが徐々に現実の厳しさに直面し始めたのも同じくらいの時で。

「また包丁を握る自分の姿が見える」とポジティブにリハビリしていた緒方さんが、もう自分は二度と料理はできないと言い始めたのは、見ていて悲しかった。同時に、手術の後遺症でもう二度とピアノが弾けない!と嘆いていたピアニストの女の子が、「またピアノを弾きたい!」と前向きになり始めたのもあって、その対照的な姿が余計辛かった。

だって緒方さんの握力3だよ?リハビリして3だよ?


いつも通り中庭で待ち合わせていた二人。

これからもそばにいたい、という緋山先生に、障害のある俺と一緒にいないほうがいいと諭す緒方さん。

「いずれ緋山先生は俺と一緒にいる時間が楽しくなくなる。もったいないと思うようになる」と緒方さんが告げると、緋山先生は「なんでそんなこと言うの?私がどう思うかなんてわかんないでしょ?」と怒るの。かわいい。

それに対して、「わからない。でも、もしそうなったら俺が耐えられないんだ」と初めて弱音を吐いて、もう会うのはよそうと言う緒方さん。

 

この場面が、私にとってはかなり衝撃的で。あんなに前向きに緋山先生を励ましてた緒方さんがいきなり弱音を吐いて…突然すぎるし、緋山先生の立場から考えると、一人で勝手に決断して、身勝手すぎない?とも思うし。

 

もし私が緋山先生だったらどうするだろうと、真剣に考えてしまった。

緒方さんは丸山さんフェイス故に男前だし背も高いし性格も最高だけど、バツイチだし、つい最近まで奥さんいたし、しかもそれを隠して近づいてきたし。確かに手足は不自由だし、これから先どんな仕事ができるかもわからない。私一人だけの給料でこれから先暮らしていくのか?それに、デートできる場所も、できることも限られちゃう。結婚したいとなったら両親は納得してくれるのか?そもそも子供はのぞめるのか?なんて本気で考えて、同じ女性として緋山先生はどんな結論を出すんだろうとすごく気になってました。

 

そして最終回、緋山先生は緒方さんに会いに行って、改めて告白するんです。

「私は誰よりも欲張りだから、それと誰よりも努力が好きだから。徹夜続きで肌がボロボロになっても、何日もお風呂に入れなくても全然平気。手がかかる彼氏がいるのもせいぜいそのひとつ。」

「私はあなたがいるからって夢を失ったりしない。あなたがいるから夢に向かってもっと努力したいと思える。その体じゃ私を支えられないって思ってるなら、その分、心で支えて。」

 

勇気のいる決断、勇気のいる告白だっただろうなって思うとこのときの緋山先生があまりに輝いて見えて!

(この場面で、一度緒方さんが、飲み物とお昼ご飯がのったトレーを緋山先生のほうに差し出す手元がアップで映るんだけど、その動きがやっぱり健常者とは違う動きで、このアップは視聴者に緋山先生の決断が勇気あるものだってことを印象づけるためなのかな、なんて思いました。)

ノベライズ本を見ると、緒方さんも、緋山先生のこの強さに、これからもそばにいるという決断ができたみたいで…最後はハッピーエンドで本当によかった。

 

緋山先生がお医者さんで、経済的に考えても緒方さんと一緒にいるのが可能であったからこそできた決断だと思うんだけど、でもこれから先、絶対きついこともあるだろうなと思うから、映画が楽しみで仕方ない。

ポスターを見たら、キャストに丸山さんの名前があってよかった~!

どれくらい出演するのだろう?分からないけど、緋山先生には本当に幸せになってほしいと思うし、緒方さんのことも幸せにしてほしい。

 

緋山先生と緒方さんのことは、いつか記事に書き留めておきかったけど、ずっとタイミングを逃してて、ようやく書けました(笑)

元々テレビをあまり見る方ではないから、こんなに好きな登場人物に出会えるのも珍しい。これもすべて、有岡くんがコード・ブルーに出てくれたからです。名取先生もすきだったよ…緋山先生への淡い恋心はかなわなかったけど(笑)

緒方さんに子ども扱いされながら、ライバル宣言した名取先生、とっても小さくてかわいかったです。

 

 

珠理奈ちゃんと重岡くん

 

 ブログのタイトルを考えるセンスがなさすぎて、今回もこのようなタイトルとなりました。(もうすでに似たようなタイトルを何度かつけていますが…。)

珠理奈ちゃんと重岡くん。アイドルというジャンルそのものがとても好きな私ですが、一番の推しメンをふたり挙げろ、と言われたら、迷わずこのふたりを選びます。

 

ふたりとも、向日葵や太陽、陽だまりに例えられるような、センターポジションを担うアイドル(センターが好きなの?と聞かれたことがありますが、これまで秋元才加さんや徳永千奈美ちゃんを推していたことがあるので、そういうわけではなさそうです)。明るくてキラキラ輝きを放つふたりは、一見似ているように思いますが、その中身や考え方は全然違くて。それは私の見えている範囲で、私がそう感じるだけかもしれないけれど。考えれば考えるほど、ふたりが真逆なのがとても面白かったので、忘れないうちにブログに書き残しておこうと思います。

 

松井珠理奈ちゃん:2010年2月に発売された「桜の栞」出のおたく、重岡大毅くん:2015年4月に放送された「ゼウス」出のおたくです。

 

 

  

*ふたりのセンター像

 

松井珠理奈ちゃんは国民的アイドルグループAKB48姉妹グループであるSKE48の絶対的エースです、ですよね?!

SKE48の第一期生で、デビューシングルからセンターをつとめ、さらにデビュー間もないうちにAKB48のシングルでもセンターに抜擢されたという(「大声ダイヤモンド」)、SKE48の誇るスーパーエースであり、その反面、秋元康の溺愛っぷりがすごすぎて、おたくに叩かれるためにアイドル活動してるんじゃねえんだぞというくらい、逆風も強かったような気がします。AKB48と兼任したり、ね。色々あったけど、今では総選挙で第3位を獲得する、名実ともにSKE48の大エースです。

 

そんな珠理奈ちゃんは絶対的エースと呼ばれる一方で、絶対的すぎることからなのか、アンチの間では「将軍」とか「絶対王政」と揶揄されたり、他の一期生が全員卒業してしまったことから「孤高のエース」なんて呼ばれたりもします。

これってつまり、珠理奈ちゃんはSKE48にとって、「特別な存在」ということなのだろうと思います。ファンから見ても、メンバーから見ても。基本、他メンは珠理奈ちゃんをいじらないし、いじれない。そういう群を抜いた「特別感」が珠理奈ちゃんのセンター像なのかな、と。

W松井Wエース時代にもっと周りが珠理奈ちゃんをいじってくれていたら、SKE48も珠理奈ちゃんも何か変わったんだろうなってずっと思ってます。バラエティ等で珠理奈ちゃんがダジャレを連発して、誰も突っ込まず、拍手してすごいと称えてた意味不明さ。ほんと、片割れ松井Rさんにはなにか突っ込んでほしかったなあ。最近は若いメンバーがたまにいじってくれているようで嬉しい。)

 

少し前のW松井時代の珠理奈ちゃんは、センターを守っている印象があったんですけど、今はグループのためにそこに立っているように感じます。まあ、あの、最近のシングルはセンターにいないんですけどね…。私は今でもSKE48のセンター=珠理奈ちゃん、なんだと思っているんで。怖いおたくじゃないよ。以前はそうじゃなかったけれど、初期メンバーの卒業を経て、珠理奈ちゃんも力をつけて、SKE48松井珠理奈になったというのかなあ。珠理奈ちゃん自身も、自分がエースという意識があるし、責任感もある。若いメンバーに「SKE48はそうじゃない」と指摘する強さがある。そしてグループ全体で、次回総選挙の珠理奈ちゃん1位を狙っているというか…。そういうグループにここ数年でなった、のかな。SKE48はとても変わったと思う。そして、珠理奈ちゃんのセンター像が良い方向に変わったように思います。

 

重岡くんのセンター像は、もっとふわふわしているというか。

入所した当初はあまり目立たない存在で、濵田くんや同期・藤井くんのバックで踊っていた映像を見たことがあります。そして、気が付いたらユニット7WESTのセンターに、そして関西ジュニアのセンターになっていた、んですよね?故に中間くんや濵田くん、桐山くんに初対面の印象がないとか、センターになったとき、「このこは誰や?!」と思われていて。もうここから、珠理奈ちゃんとは全然違う!重岡くんは、珠理奈ちゃんのよく言われていた「ゴリ推し」でも、ジャニーズでは、勝利くんや優馬くんが言われるような「スペオキ」でもなかった。

 

色々なファンの方のブログを見たり、メンバーの発言を見ていると、関西ジュニアでセンターをしはじめてからは、結構「絶対的エース」だったのかな。東京のジュニアのこたちに一人混じって映画にでたり、ジャニーズドラマの主演したり(「SHARK2」好きでした。朔くんはとてもヘタレだけど、とてもかわいかった)。小瀧くんもブログに「全体のセンターで、LIVEのオープニングで最初に出たり、舞台でも主演をはったり、周りからしたら羨ましい部分しか見えないけど、裏では苦労してたのを見てた」といったようなことを書いてましたもんね。

 

そして、デビューしてから重岡くんは、「センターへの不安や葛藤は多いけど、みんなが支えてくれてるからセンターに立てる」とメンバーに向けて発言してるんですよね。自己紹介ラップ(正確には他己紹介のような気がするけれど)でも、「WEST不動の癒しセンター」と紹介されていた重岡くん。

けれど、最近のインタビューでは「センターっていう意識はない」「同じセンターでもほかのグループとは全然立ち位置が違う」と言っている。たしかに、見ていても、センターというポジションに縛られていないような気がするし、重荷に感じてないのかな、と思える。

 

実際、最近は常にセンターというわけではないし。重岡くんって、センターにいないとエースっぽくなくなるんですよね。たまに「どこにいるの?!」って見失っちゃうくらい。私だけじゃないですよね?!ここも珠理奈ちゃんとの違いだなと。珠理奈ちゃんはどこにいたってエース感があるから。決してジャニーズWEST重岡大毅、ではないのだと、私は思っています。(センターに縛られてない重岡くん、がジャニーズWESTの平和っぽさ、仲良く見える雰囲気にとても貢献していると思う。そうでないとファンの中で争いが起こるから。音楽番組を見た方が、「ジャニーズWESTは誰がセンターになっても戦争が起こらなそうで羨ましい」と書いていたの、なぜだかとても嬉しかったです。)

 

見た目は、メンバーの中で一番「普通の男の子」。黒髪貫く笑顔が素敵な普通っぽい男の子。けれど、そんな重岡くんが真ん中にいるから、ジャニーズWESTはアイドルグループになるし、他のメンバーが重岡くんを両脇から支えているからこそ、重岡くんが輝くアイドルになれるのだと思います。

(本人はセンターにこだわってないのに、他メンが重岡くんのセンターにこだわっているの、本当に好きです。重岡のセンターが似合うといわれるグループになりたいとか、もう…そうなってほしいなあ。)

 

 

 

*ふたりのアイドル像

 

珠理奈ちゃんは決してアイドルの王道顔というわけではなくて、キリリとした美人さん顔。それ故なのか、気が強いとか性格が悪いとか思われがちなんですよね。実際はとても天使のようなのにもったいない…。

 

実際、高校生になるくらいまでの珠理奈ちゃんは、色んな番組を見ていて、気が強いなあと思うことが多かったです。年齢的には幼いのに、物怖じしていないように見えたし、強気な発言も多かった。そのときのイメージが今も残っているのかなあ。珠理奈ちゃんってとっても甘えん坊なんですけど、愛され上手ではないんですよね。ファンの私には愛嬌があるように見えているけど、そうでない方からしたら、愛嬌も愛想もないのかもしれない。「アイドルっぽくない」枠にいれられがちですし。

 

けれど、年々どんどんアイドルっぽくなっていると思うんです。昔のイメージはなかなか消えないかもしれないけれど。ネガティブ発言は滅多にしない。前はセンターにいる私が弱音を吐いちゃだめだ!と弱音を吐かなかったけれど、最近はファンに甘えてくれたり、自分はファンにどうしてほしいか言ってくれたり。天性のアイドルというわけではないと思うけれど、幼いころから48グループでアイドルとして教育され、清く正しく育った、という風に見える。

私、中学生くらいのころの珠理奈ちゃんの性格が少し苦手で、性格は苦手だけど顔が好きだから推してると言っていたくらいなんだけど、今では性格めちゃくちゃ良いなと思う。

 

 

一方、重岡くんは、天性のアイドルなんじゃないのかな?と思っています。

 

ゼウスで小瀧くんに出会い、ネプリーグで藤井くんに出会い、パリピポトラックで重岡くんに出会ったのですが、重岡くんを見たとき「え?!とってもサッカー部男子みたいなこがいる!!とてもかわいい!!!そして、とても、アイドル!!!!」と興奮しまして、すぐに名前を調べて、動画を見て。このとき見たのが「rainbow dream」だったんですけど。サビ直前で突然満面の笑みになった重岡くんに、サビの途中で歌詞に合わせて笑顔で首をコテンと倒す重岡くんのアイドルっぷりにおちてしまったわけです。その仕草が、表情がアイドルそのものだった。

 

重岡くん自身も、ジュニア時代は王道アイドルを目指してたようです。けれど、デビューして自分らしくいたいと思うようになって、ええかっこしいだった自分から変わったと言っていて。あまりのアイドルっぷりにおちた私ですが、応援しはじめた当初はそんなにギャップがあると思わなかったけれど、なんだかどんどんしゃべってる重岡くんに見た目とギャップが生じ始めたというか。へらへらふわふわしゃべるし、声もかわいいけど、頭おかしいんじゃないかと思うようなこと言ったりね、行動もたまにおかしいし(笑)。

メンバーと出た舞台で、台本通りにすると、自分だけふざけた台詞もなく、普通の役だったのに、舞台の上ではとっても暴れ放題ふざけてた重岡くん。「そんなんつまらん嫌や!」って。もしかしたら事務所は以前の王道アイドルを求めていたのかなあ。

 

真ん中に立ってニコッとほほ笑むだけでちゃんとアイドルなのに、その道を自ら踏み外しにいった重岡くん。けれど、そんな重岡くんに変わらずファンがいるのは、きっと根っこの部分は変わらずアイドルを全うしているからなんじゃないかな。

発言を聞いてても、振る舞いを見てても、なんて頭がいいんだろうと思うことがたくさんある。アイドルとしてのクレバーさ。そして愛嬌もあるし、自分の見せ方がとても上手だから、とっても愛され上手だよね。ソロで出演した「VS嵐」の重岡くんはとっても緊張していて、コメントもおかしいしめちゃくちゃ空回っていたけれど、そのすべてがなんだか愛しくなっちゃうようなダメダメっぷりで。緊張しても感じが悪くならず、こんな風に振る舞えるのは才能だなあと、感動したんですよね。

 

一言で言うなら、珠理奈ちゃんは器用に見えるけど、とっても不器用で、重岡くんは不器用に見せてるけど、とても器用なんだと思います。

 

 

 

*ふたりの言葉

 

これはツイッターでもつぶやいたことがあるけれど、ふたりのアイドルとしての発言に対する姿勢はまるっきり違う。

 

珠理奈ちゃんはもういつだってガチ。たまにシュールに思えるくらいガチ。総選挙もそう、バラエティもそう。えっここでそのテンションでいくの?しかも本人、真剣なんですけど…ってことがたまにある(笑)。笑ってごまかさないから、インタビューも結構深いことまで話してくれたり。

 

最近出演したダウンタウンDXで、改めて珠理奈ちゃんはいつだってガチでマジなんだな~~って思ったんですよ。

その直前にHKT48の宮脇さんが出演していて、珠理奈ちゃんのことを「喧嘩がつよそう」って言ったんですよね。私は、この宮脇さんの発言はバラエティ用だと思っていて、本当に珠理奈ちゃんのことをそう思っているのかは分からないなと。面白くするために、珠理奈ちゃんのことを何か悪くいわないといけない、でも性格悪いとかそういうことをいうのは危険…ぎりぎりのラインはどの言葉だろうと考えた結果出た言葉なのかな、と。そして、その宮脇さんの発言をどう思う?と聞かれた珠理奈ちゃん。

 

珠理奈ちゃんはバラエティ得意ではないことなんてわかっていた私です。昔はバラエティ番組でないでくれと思ったこともあったくらい…。テレビを見つめながら珠理奈ちゃんはなんて答えるだろう?がんばれ超がんばれと応援していました。

そして珠理奈ちゃんが、「小学生で先輩方と仕事をし始めて、負けちゃいけないと思っていたから、そう思われちゃうことが多いのかも」みたいなことを言ったんですよ。「マジか?!?!?!」と思いました。ここはアイドル誌のインタビューではなく、バラエティ番組…何かほかの回答があっただろうと。これで宮脇さんの悪口を言い返したりしたら絶対嫌だったんですけど、でもなにか…こう聞かれることは予測できただろうし、なにかいい回答が他にあったよね?!と。いや、むしろ考えに考えて出た回答が、もしかして、コレだったのか!その方がちょっと…YABAI……。わろた、と思いましたが、まあこれも珠理奈ちゃんらしいというか…建前がないので、いつも思ってることを100%で答えてくれる。バラエティではちょっとアレだけど、ブログもツイートもすべてが素直でまっすぐだから、とても信頼できるなと思うんです。

 

重岡くんはその真逆。バラエティやコンサートでは盛り上げるために適当な嘘をついて、メンバーにつっこまれたり、「ヘラヘラすな」と言われるくらいいつもヘラヘラしてる。独特な声も相まって、ふわふわ話すってファンから言われているけど、「あのさ~俺さ~ほんまにさ~」って、本当にふわふわ話す。上手に笑って誤魔化すこともできる重岡くん。

本音を話すことって、滅多にないように思います。だから、重岡くんの考えてることって全然わからない。悩んでることも、わからない。インタビューとかの回答を見ていて、「えっ、でも本当はこう思ってるんじゃないかなあ?」とつい想像してしまう余地があるというか。おたくの好き勝手考えることのできる余白の多いひと。

けれどコンサート終わりの挨拶では素直で独特な言葉選びと、アイドルすぎる内容なのになぜか自然と受け入れられるスピーチでファンを魅了している…不思議な人だなというか。本当に、こんなに好きなのに、どんな人なのかがいまいちよく分からない。掴めない!

それと、意外なことに重岡くんは、ファンを納得させるのがうまいよね。あまり本音を言わないのに。ファンサはあまりしないと本人も言ってるけれど、それさえもファンは納得してるようだし。なんだか重岡くんという存在自体が、不思議な納得感があるんだなあ。

 

 

と、色々ふたりの違いについて書いてきましたが、ふたりは共通点もあります。

こんなに元気で明るいイメージなのに体が弱いところ。それなのに珠理奈ちゃんの好きな言葉が「年中無休」で、重岡くんのモットーは「健康第一」なところ。それなのに、というかだからこそ、なのか…。そしてあまり文句を言わないところ。運営に対しても、ファンに対しても。とくに、48グループは女の子のグループだからなのか、SNSとかで色んな愚痴がとびかうけれど(運営に対してもだし、例えばファンの体臭についてとかもあったし)、珠理奈ちゃんは、それは絶対言わないし、これからも言わないと思う。珠理奈ちゃんのそういうところがとても好きです。

 

センターとは何なのか、どんな存在なのかと考えることもあるけれど、その答えは全くでなくて、今回、私の大好きな珠理奈ちゃんと重岡くんについて考えたけれど、ふたりともセンターなのに中身が全く違うから、センターとは何、の答えはなかなかでないんだなあと思います。グループによっても、個人によっても全然違う。個人的には、以前どなたかが、「センターのこが楽しそうにしていると、推しじゃなくても嬉しくなってしまうその特別感」といったようなことをおっしゃっていたけれど、いままでで一番そうかも、と思った記憶があります。

 

仕事中にふたりの違いは何かを考えはじめてから数日経ち、なんとなく考えがまとまったような気がして、昨晩ルーズリーフに書きだしてみたけど、こうしてみるとやっぱり全然まとまってない。でもどんなに考えてもずっと楽しいから、私はやっぱりこのふたりが大好きなんだなあ。ずっとこれからも好きでいたいなあと思っています。

 

 

 

 

重岡くんと小瀧くん

 

私の一番すきなジャニーズグループは、ジャニーズWESTです。

 

ジャニーズに興味のなかった私を、ジャニーズおたくの世界に引きずり込んだのは、ジャニーズWESTでした。

歌の上手なメンバーが多くて、歌番組で生歌パフォーマンスしてくれるところ、よくファンの意見に耳を傾けてくれるところ、どうしたらグループとして成功できるか真剣に考えていることが見ていて分かるところ、バラエティではメンバー全員が盛り上げ役としてファンを楽しませてくれるところ、そして何よりメンバーの仲がよくて、見ていて安心していられるところがとっても好きです。

 

ジャニーズWESTは、もともと7人でデビューするのでは?と言われていたにもかかわらず、デビュー発表当時のメンバーは4人で、グループ名もジャニーズWEST4でした。そこから、実際のデビューまでに3人を追加メンバーに迎え、7人で正式デビューすることができたという、なかなかドラマティックなストーリーを持ち合わせているグループだと思います。デビューしてからしばらくは、衣装やパート割りで4:3の格差があり、キスマイのようになるのでは?と言われていたようですが、いつのまにか、その格差も消えてなくなり、今では序列すらほとんどない平和なグループに見えます。

 

突然ですが、私がジャニーズWESTで一番すきなコンビは、重岡大毅くんと小瀧望くんのこたしげコンビです。こたしげは、デビュー当初の格差時代があったからこそ生まれた、幻のようなシンメだったのではないかなあ。

 

f:id:mimilklk:20180118130254j:plain

 

2015年4月に放送されたゼウス出の新規が語ります。

 

こたしげには、ジュニア時代からのシンメがそれぞれいます。

重岡くんには神山くん。小瀧くんには藤井くん(通称ツインタワー)。今でもファンから人気のあるシンメですが、ジャニーズWESTがデビューしたとき、重岡くんのシンメにいたのは小瀧くんでした。

わたしのよくやる、検索をかけて当時のツイッター2ちゃんねるを振り返るやつ、をやってみたところ、「小瀧のシンメは藤井じゃなくなるの?」とか「重岡と小瀧が一般受けしそうだから、この二人で売り出すのか?」とか…やっぱり疑問の声が多かったように見えました。

今考えると、こたしげシンメの違和感は、好きな小説が実写映画化した途端、キャストの関係で主人公の恋人と脇役の恋人が入れ替わってたような感じなのかな…。それとも、乃木坂46において、白石麻衣ちゃんと西野七瀬ちゃんがシンメ、といわれたら違和感を感じるのに似ているのかなあ。売り出すためだけに組み合わされたコンビ、みたいな?

でも、ジュニアの頃を知らなかった私は、こたしげのシンメを普通に受け入れていて。

たしかに、7人でのデビューに至るまでを描いた「なにわ侍 ハローTOKYO!!」では、重岡くんが神山くんに「これは二人でかなえる夢や」と言うし、小瀧くんは藤井くんに「望をかなえるには、流れ星が必要なんや」と言うのです。それぞれのシンメの絆が描かれていて、ジュニアのころを知らなかった私でも、ああこういうことかって理解して。

それから、こたしげっていったい何なんだろうと考えてみたりしているのです。

 

それぞれ絆を描きたい、と思われるほどのシンメがいるのにもかかわらず、デビュー当初、ふたりでセンターに立っていたこたしげ。

もうこれはおたくの憶測にすぎないけれど、あのとき二人は同じ役割を担わされていたと思うし、それを果たしたから、今のジャニーズWESTがあるのではないかなあ。

グループ内で、二人は一番おちゃらけて(盛り上げて、というのとは違う意味で)、メンバーに甘えていたように、思うのです。私がリアルタイムで彼らを見ることをしはじめたのはパリピポくらいからだから、それより前のことは、DVDや動画で見て思ったことになってしまうけれど。

重岡くんが淳太くんに、小瀧くんは桐山くんに思いっきり絡みまくっていたように見えるし、もともと重岡くんと小瀧くんのことが実は苦手だったという濱田くんにも絡みまくって、信頼しきって。ジュニア時代はライバルだったお兄ちゃん組とすっかり打ち解けて…後輩だけどセンター、という難しい立ち位置なのに、メンバーにすごく愛されているこたしげはすごいなと今でも思います。

ファンの数も多いといわれている二人は、広告塔としての役割もきっと果たして、そして今の平等な、誰がセンターになっても争いのおこらなそうなジャニーズWESTが出来上がったのだと思います。

 

f:id:mimilklk:20180118130400j:plain

デビュー曲のこのパート、すごくかわいかったなあ。

重岡くんはセンターなのに、シンメがいるというのも、4:3の格差があって、前列が偶数人だったからこそ、だろうし。格差のなくなった今、こたしげのシンメはほとんど見ることができなくなってしまって、ちょっと寂しいです。

 

わたし、こたしげの関係性が好きなんです。

普段は好き勝手おちゃらけている重岡くんは、小瀧くん相手になると、とってもお兄ちゃんになる。二人でサイクリングして鎌倉に行ったときもそうだったし、粉もんクエストのときもそう。「小瀧、大丈夫?頑張ろう」と励ますし、はしゃいで緊張をほぐしてあげたりしようとする…そんな重岡くんは、小瀧くん相手でしか見れなくて。

 

f:id:mimilklk:20180118123831j:plain

 

そして、小瀧くんは、雑誌のインタビュー等を見てると、重岡くんのことをとっても尊敬しているようで…普段甘えん坊なのに態度のおおきい(褒め言葉)(とてもかわいい)小瀧くんが素直に「一番努力家だと思う」とか「センターを張り続けてるしげはすごい」とか「裏では苦労してたのこっそり見てた」とか言うのが意外で、新鮮に感じられて。

今では、もしかしたら、シンメというよりちょっとだけライバル的な構図にも見えるこたしげちゃん。今まで不動のセンターだった重岡くんの不動感は薄れつつあって。

重岡くん自身、ポジションにはあまりこだわってなくて、センターに適任なメンバーがいるならいつだって代わるといつも発信している人なので(私はセンターにいてほしいおたくなので、死んでも譲らんみたいな言葉を一度でいいから聞いてみたい)……もしかしたら、いつかその適任なメンバーが小瀧くんになるのかな、なんて、最近ぼんやり思っています。

モデルや俳優として、個人仕事も充実しているし、グラビアでセンターにいることも多いし。けれど、小瀧くんは重岡くんのことを「ほかのグループにはいないセンターらしくないセンター、そのおかげで話のネタにもできるし、このままでいてほしい」と評価してくれている…尊すぎる、小瀧くん。こんな二人がとっても好きです。

 

こたしげちゃんは歌声の相性もよくて、歌い方も歌声も似ているわけではないのに、二人のパートはとっても甘くて、かわいくて、アイドルっぽくて大好きです。格差時代に戻ってほしいわけでは決してなくて…けど、またこたしげシンメが見たいな、という気持ちです。

 

最後に、一番すきなこたしげ画像をはります。この一枚はばっちりこたしげの関係を表しているので大好きです。

f:id:mimilklk:20180118125758j:plain

 

マイペースに歩いていく小瀧くんの肩を無理矢理くんで、グループの先頭に引っ張っていく重岡くんと、仕方ないなって顔しながら、素直に従順に一緒に走りはじめる小瀧くん。一度でいいから、二人でグループを引っ張ったあの瞬間を熱く対談で語ってくれ~~!(でもこの二人なのできっと熱く語らない。笑ってはしゃいで終わっちゃう。そんなところも大好きです。)

 

 

 

 

私を励ましたアイドルソングランキング

 

 

突然の転勤が言い渡され、地元を離れ、田舎で生活をすることになってから半月が経ちました。

 

私の地元は、大都会ではないけれど、田舎ではなく、生活に不便を感じない場所です。都内のオシャレな居酒屋さんやカフェに行くこともできるし、アキバのメイド喫茶に通うこともできるし、ファッションビルで友達とショッピングすることもできる、とっても居心地の良いところでした。

対して転勤先は、電車は1時間に1本で、単線。街灯もなく、車がなければ生活できないド田舎(しかし車無しで生きてる)!家族や友達とも離れてしまうし、マジ行きたくない死にてえ。という状態でした。

 

そんな死にたい状態の私を励ましたアイドルソング3曲を、ここに発表したいと思います。

 

 

第3位   「逆転Winner」/ジャニーズWEST

 

f:id:mimilklk:20171129225055p:plain

 

 

私が1番好きなジャニーズグループことジャニーズWESTの5枚目のシングル曲。

私は何かに負けたわけでもなければ、逆転したいわけでもないのですが、この曲を聞くと、イントロからもうめちゃくちゃ励まされます。

グループの話になってしまいますが、ジャニーズWESTさんたちは、決して負け組なわけではありません。ですが、比較的、デビュー時点で既にメンバーの平均年齢が高く、遅咲き的なイメージがあるのです。私の中では。それでも恥じることなく…というか、堂々と前を向いて、勝ってやる!というグループの勢いが私はとても好きで。

この曲を聞くと、そんなグループの勢いを感じられるから、私は励まされるのかもしれません。

 

 

第2位  METAMORISER」/バンドじゃないもん!

 

f:id:mimilklk:20171129225240j:plain

 

私がこの1年間、地味に応援し続けているアイドルグループ、バンドじゃないもん!

10枚目のシングル、「METAMORISER」は、転勤が決まる前はもちろん、転勤が決まってからも、何度も何度も聞きました。バンもんの曲はどれもアイドルらしいポップさと可愛さがつまってて本当に好きなんですけど、この曲は、好きプラス励まされます。

どの歌詞も好きなのだけど、特に「立ち上がれ きっかけなんて小さくって構わんよ 勇気なんてそんなもんさ 必要だから湧いてしまう感じ」「振り向かない 弱気な時はドンデン返し狙おうぜ 元気だして跳んじゃうんだ  空がわりと近い気がするよね」が好きです。

こうやって書いちゃうのと、彼女たちが歌っている言葉として聞くのとでは全然違うのだけど。

バンもんの曲は、いつも彼女たち自身を奮い立たせているようにも聞こえて、そこも好きなんです。「はわわ 来たぜPin spot 僕たちがMain cast」という歌詞なんて、聞いた瞬間に、いつか絶対、バンもんがMステとか、音楽番組で歌ってるのが見たい!って思ったもの。

 

 

第3位  「ラッキィスペシャル」/ジャニーズWEST

 

f:id:mimilklk:20171129230811j:plain

またまたジャニーズWESTですみません。でもこの曲は、あらゆるアイドルおたくが自分の好きなアイドルに置き換えて聞いたらめちゃくちゃ励まされる曲なのではないかと思います。

2ndアルバム「ラッキィィィィィィィ7」の1曲目に収録されている、スーパー明るいソング。この曲こそ、ジャニーズWESTとはつまりファンにとって…という問いに対しての回答なのではないかと思います。

「そんじゃみんな ノるかソるか?任せときなさい!!」「ちょっと待った 迷ったとき オレを信じろよ」「君にありったけラッキィを届けたい そのための無敵の7人、さぁいこうか!」これらだけでも、もうめちゃくちゃに励まされるのですが、特にラストの

「大空 見いや!俺たちが見えるやろ!」という部分にハッとするくらい衝撃を受けて。

アイドルは、そばにいてくれるわけではないし、直接話して励ましてくれる存在ではないけれど、その逆、考えるだけで励ましてくれる存在であり、存在してくれるだけで元気になれるんだな、と改めて気づかされました。マジほんとありがとうジャニーズWEST…!

 

以上、自己満足の「私を励ましてくれたアイドルソングランキング」を発表いたしました。色んなアイドルが大好きで、とっても楽しいです。

ここ最近、残業も増えてバタバタしてしまい、あまりツイッターもつぶやくことができずにいたのですが、久しぶりにツイートをしたら、文章を発信することって楽しい!と再確認したので、また色々ツイートしていきたいと思います!

 

 

 

 

推しがプロレスにはまった話

 

 

私の一番大好きな推しアイドルは、SKE48松井珠理奈ちゃんです。

 

珠理奈ちゃんは、気が強そうとか、性格が悪そうとか言われてしまうことが多いような気がします。確かに中学生のころの珠理奈ちゃんはかなり気の強い発言が多くて、バラエティに出演しているときの印象はよくなかったように私も感じていたけれど(でも好きだった)、高校生になったくらいからはどんどん穏やかになって、それからずっと私にとっては女神のように優しい天使様です。

アイドルっぽくないといわれることも多いけれど、私からしたら、こんなにアイドルらしいアイドルいる?!と思うくらいには、めちゃくちゃにアイドルです。

(表向きに)ファンのことを悪く言わない、運営のことを悪く言わない、アンチにたてつかない。これって48グループの中ではかなり珍しいと思うんです。いつも笑顔で、楽しいツイートばかりだし(いつも笑顔、になったのはつい最近になってからのような気もするけれど)。珠理奈ちゃんを応援していると、珠理奈ちゃんは太陽のようだし向日葵のようだなあって思います。それなのに、本人は実は太陽が苦手だってところも最高に推せます…。

 

私は松井珠理奈ちゃんが大好きです。

そんな珠理奈ちゃんが、「豆腐プロレス」というドラマに出演したことをきっかけに、突然プロレスにはまりました。

 

初めて趣味ができてうれしい!ととっても嬉しそうな珠理奈ちゃんは、ファンもびっくりするくらいのスピードでプロレスにはまっていき、珠理奈ちゃんのツイートの8割、いや9割(体感)はプロレスに関することに変わっていきました。

 

珠理奈ちゃんがプロレスと出会って初めての総選挙。

順位は3位と、昨年と同じ順位でしたが、珠理奈ちゃんのスピーチは、昨年とは比べられないくらい良いもので、「大好きだし感動するけど、正直毎年同じこと言ってるやん…」と実は思っていた私もすごく嬉しかったのを覚えています。

最近、珠理奈ちゃんは前向きになった気がします。

 

プロレスファンの方に受け入れられたり、たまに叩かれたりもしているようだけど、珠理奈ちゃんがプロレスに出会ってよかったと心の底から思っています。

 

 

一方、私はプロレスというか、格闘技がとても苦手です。

嫌いなのではなく、苦手なのです。小さな頃から、プロレスやボクシング等の格闘技を見るのが苦手で、忍者や時代劇のチャンバラシーンを見るのも苦手でした。

 

推しが愛しているものを一緒に楽しめない寂しさ。

だけでなく、推しが言っていることがよく分からない寂しさを味わう最近です。

珠理奈ちゃんから出てくる人の名前が誰だか分からず、毎回調べたり、珠理奈ちゃんの話すネタが何ネタか分からず、リプ欄を見て理解しようとしたり…。

恋人が自分の知らないことに盛り上がって、楽しそうにしている姿を見ている感覚に似ています。珠理奈ちゃんが遠くにいってしまったようで寂しいのです。

そう思うならちゃんと勉強すればいいだろと思われそうですね。分かっています、寂しいと思うのは自業自得なのです。

 

しかも、太陽が苦手だった珠理奈ちゃんが太陽が平気になったのもプロレスのお陰だそうなので、もうプロレスには頭があがりません。プロレスってすごすぎない?

最早、プロレスに嫉妬しているのかもしれません。

 

それでも、プロレスにはまっている珠理奈ちゃんは今まで以上にキラキラしているので、これからもプロレスには珠理奈ちゃんのそばにいてほしいのです。

推しが幸せそうな姿を見るのが幸せ。ちょっとくらい寂しくても大丈夫…と言い聞かせながら、おたくはこれからも珠理奈ちゃんを応援し続けます。

 

 

 

 

 

 

 

アイドルの夜明け記念日



AKB48の劇場公演に「アイドルの夜明け」というタイトルの公演があります。


個人的に、アイドルの夜明け、というと、無名だったアイドルたちがようやく日の目を見る……といったようなイメージがありました。(ちなみに、今1番夜が明けてほしいアイドルは、バンドじゃないもん!です)


なのですが、先日、私はあるアイドルの夜明けに立ち会ってしまいました。それは日の目を見るとかそういう意味ではなく、ただ、アイドルとファンが同じ時に、まさに、「夜が明けた」のです。



前回の記事にもseventeenのウォヌくんが出てきたので、私の一推しはウォヌくんなのではないかと思われそうですが、実はジスくんです。

という話はどうでもよくて、今回もウォヌくんのお話です。


私がウォヌくんを好きになったのは、去年末なので、当時のことを語る資格はないと思うのですが、ふんわりと語らせていただくと。

去年の夏、ウォヌくんは急性胃炎という理由で活動を休止し、しばらくしてから復帰しました。ですが、復帰後も、他のメンバーのように振る舞うこと、笑うことができず、一部のファンに叩かれたり、とっても心配されてた……というのを、コンサートの映像を見たり、ツイッター検索をしたりして知りました。


急性胃炎から体力が落ちてお休み。という表向きの理由を理解はしつつも、戻ってきたウォヌくんを見て、それだけではないよね?大丈夫じゃないよね?と心配するファンの方々。

こういう状況って、きっと、アイドルオタクであれば、経験があるのではないかと思います。

推しが体調不良って言ってるけど、本当に体調不良だけか?それだけじゃないよね?って心配してしまう気持ち。(私はめちゃくちゃ経験あります。なぜなら私の推し松井珠理奈ちゃんだからです。)


ウォヌくんの場合、復帰後の様子を態度が悪いとか、プロ意識が低いとか、終いには反日じゃないかとかめちゃくちゃ叩かれて、ファンだけど、ウォヌくんのこと好きだけど、なんでなのってモヤモヤしてしまったファンの方もいて。

今年の夏は笑顔のウォヌくんが見れてよかった。元気になったんだね?って、それで終わりじゃないですか、普通は。


推しが笑顔になったから、で終わり。でもそれじゃ去年のモヤモヤはモヤモヤのまま。本当に急性胃炎だけが理由なのか……って。

ファンには、それ以上のことを知ることはできないじゃないですか。本人が語らない限り。



ですが2017年8月20日。

とあるインタビューで、ウォヌくんは去年の夏のことをこんな笑顔で振り返っていました。


f:id:mimilklk:20170822222250j:plain


「今考えてみると、何で苦しんでいたんだろう」


そしてこの映像を見たファンの方々が、やっと去年の夏からの戦いが完結したんだ、そうやってあの時のことを話せるようになってよかったってとっても喜んでいて。ウォヌくんの夜が本当に明けたんだと思いました。

そして、正直あのころのウォヌくんを見ていて、どうして?って思ってしまってたことに後ろめたさもあったけど、これでようやく前を向ける、というツイートを見て、ああ、ファンの方の夜も明けたんだなって思ったんです。


アイドル自身の言葉で夜が明けるって、最高じゃないですか?そしてそれは滅多にないことでもあります。

周りの大人から止められてるのか、振り返るほど乗り越えられてないのか、そういう時のことを自ら語るアイドルってなかなかいないですよね。

でも、ウォヌくんはこんなに笑顔で振り返ってて。泣きながら振り返ったのではなかったことも、ファンの方々を救ったんじゃないかなあ。


そして、当時、急性胃炎だけじゃないよね?とファンが心配してたことを、本人の口から認めてもらえたことって、これもファンにとっては大きなこと、ですよね。

ファンの勝手な妄想、が、そうではなくなるって、すごく大きなことだと私は思いました。

私自身、当時の映像を見ながら、体調不良だけじゃないよね〜?と思っていたので、それをなんとなく本人の口から肯定してもらえたのは、嬉しかったです。嬉しかったという表現はおかしいけれど。


私はこの日をアイドルの夜明け記念日と名付けました。こんな瞬間を見れるなんて、アイドルオタクやっててよかった〜〜〜!って心の底から思いました。未だにニヤニヤします。



そして、私は松井珠理奈ちゃんのオタクなので、あの時期のことを珠理奈ちゃんがいつか、珠理奈ちゃんの言葉で振り返ってくれることを本当に、本当〜に待ち望んでます。でも、振り返らない気がするけど。いつか教えてくれたら、オタクはとっても嬉しいです。




ぱるるとウォヌくん

 

 

ぱるるがまだAKB48のメンバーだったとき、私はぱるるのことがとっても苦手でした。

顔はかわいいと思うのに、なぜかずっと苦手で、好きになれなくて。

 

彼女がAKB48を卒業してから、AKB48にいるときのぱるるは、全然楽しそうじゃなかったから苦手だったんだと気が付きました。

 

塩対応、という新しいジャンルを生み出したぱるる。でも、私が感じていたのは、どちらかというと「無気力」さ。

いつもつまらなそうで、不機嫌そうで、楽しくなさそうで、不安そうで、気力がなさそうに見えていました。

でも、ぱるるは人気があって、センターにも抜擢されたりして。ぱるる推しの方々ってどういう気持ちでぱるるを応援しているんだろうってずーっと不思議で仕方なかった。

 

最近になって、ようやくそれが分かりました。

韓国のアイドルグループ、SEVENTEENを好きになって、ウォヌくんと出会いました。

ウォヌくんは、去年の6月頃に一度体調を崩して、お仕事をしばらくお休みして、グループに戻ってきました。私がSEVENTEENとウォヌくんを好きになったのは、彼がグループに戻ったあとなのですが。

 

復帰直後のコンサートの映像を見ると、ウォヌくん、全く笑わないし、楽しそうじゃないし、不安そうで、不機嫌そうで。笑顔満開のメンバーの中にまざって、よくお前そこにいるな?!ってレベルで顔が死んでいました。

私はその映像を見た瞬間にぱるるのことを思い出しました。その彼の無気力さが、ぱるるにとっても重なったからです。

 

ウォヌくんを応援しているひとたちは、どんな気持ちで復帰直後の彼のことを見てたんだろう。私はマジで気持ち悪いおたくなので、すぐにツイッター検索をかけ、死ぬほどさかのぼりました(ちなみによくやる)。

私が見つけたウォヌくんのファンの方々は、みなさん、ウォヌくんがステージに戻ってきてくれたことを本当に喜んでいました。また彼のパフォーマンスが見れて、声がきけて嬉しいと。そして、一瞬でも彼が笑えば、それも嬉しいのだとツイートしていました。

一方で、SEVENTEENは好きだけれど、ウォヌくんのことは好きじゃないという方ももちろんいて、アイドルという仕事をしているのだから、ステージの上ではちゃんと笑っていてほしい、意識が低い、等のツイートも多くみられ、ぱるるに対して私が思っていたことがそのまま書いてあるやん…と驚愕しました。

 

でも、あるウォヌくんファンの方のツイートが印象的で。

確かに彼のことをアイドルらしくないと思う人もいるだろう。けど、そんなアイドルらしくない彼がアイドルをしてくれていることが嬉しいし、彼が一瞬でも笑えば私は嬉しくて幸せな気持ちになる。これってものすごいアイドル力なのでは?

もっと冗談混じりな文章でしたが、たしかこんな感じの内容だったような。

 

復帰から約一年たち、去年とは比べられないくらい笑顔を見せてくれているウォヌくんを見ていると、ファン歴の浅い私ですらとっても幸せな気持ちになります。

事務所の大人やグループのメンバーはもちろんだけれど、彼を愛するファンにたくさん守られて、ゆっくりと、ウォヌくんは自分の居場所に戻ってきたんだなあと感じました。

 

と、考えると、私は突然ぱるるのことが愛しく思えてしまって。

表現はおかしいけれど、突然ぱるるのすべてを許せたような気がしました。(めっちゃ上から目線ですみません)

 

笑顔でないからダメだとか、やる気がなさそうに見えるからダメだとか、そうではなくて、そういう彼女のことを愛せる人が、ちゃんとこの世に存在して、そういう方々が彼女のことを愛して、守っていくんだと。だから彼女はアイドルなんだと思えたのです。

 

そう気が付いた時には、もうぱるるAKB48を卒業していたけれど。

もっとはやくウォヌくんに出会っていれば、もっとはやくぱるるを好きになれたのかなと思いました。

 

数日前、ぱるるが、二年前は心と体が元気でなかったというようなことをツイートしていて、やっぱりそうだったんだととってもしっくりきました。

う~ん、ぱるるとウォヌくんには対談してほしいくらい!無気力アイドル、かわいいじゃんと思うくらいにはなってしまいました。

 

ぱるるとウォヌくんは、似合う景色も似てると思う。

二人とも、夜の繁華街が似合うと思う。夜の中華街とか、歌舞伎町とか。

夜のイルミネーションのような、白や青っぽい光でなく、月光とも違う、もっと俗っぽい、お店の看板のような、オレンジや黄色の光が、とっても似合うと思います。