20-Tw/Nty-

 

 

Sexy Zone佐藤勝利くんと菊池風磨くんが歌う「20-Tw/Nty-」がとても好きです。

歌自体も好きだけれど、少クラで2人が披露したパフォーマンスがとっても好きで、初めて見たときは本当に衝撃を受けて。今でもよく、見ています。

 

 

20歳の誕生日を迎えるくらいのときに、勝利くんがお父様を亡くされて、間もないうちに、その実体験を取り入れた舞台に立ったことを思い出します。そのことを知ったときは、お父様を失ったばかりの勝利くんに「そのことを舞台にとりいれないか?」と打診した周囲の神経を疑いました。そして、そのことがテレビでも連日とりあげられて、テレビにうつる、勝利くんが泣きながら演技する姿に、すごく、戸惑いました。

アイドルの本当の性格は分からないし、ファンに見えている姿は本当にわずかな部分なのだろうけれど、それでも、アイドルって自分の人生を切り売りするお仕事なんだなあと改めて感じさせられたというか。

 

私は勝利くんの顔が好きです。顔面人間国宝といわれても、ほとんどの人が(誰しもとは言わないおたく)納得させられてしまうような、あの美しい顔が好きです。

それをきっかけに、Sexy ZoneのDVDを見たり、動画を見たりして、感じたことは、勝利くんは精神的に強いアイドルなんだなあということでした。

強がりというか、かっこつけというか。

あんなに子犬のようにかわいらしい顔をしているのに、とても男の子っぽい性格で、あまり弱い部分を見せたくないこなのかなと思っています。

 

あるDVDで、松島くんに、「勝利にしかセンターとしての苦悩は分からないから」的な内容で話を振られたのに対して、「うんそうかもしれないね」とだけ返した勝利くんにとてもびっくりしたんです。そこはセンターとしての苦悩を話せよ!、せっかく話を振った松島くんに申し訳ないと思わないのかと思って(笑)

私ははじめ、女の子のアイドルばかりを見ていたから、アイドルが自分の苦労したことや悲しかったことをファンと共有することが普通のことだと思っていたけれど、勝利くんはそうではないんだなと、何かを見るたびに感じるんです。

 

そんな勝利くんが、風磨くんと一緒に「20-Tw/Nty-」を披露しているとき、途中で泣きだしてしまったこと、本当に本当に驚きました。

何度も曲中、勝利くんの肩を抱いたり、引き寄せたり、頭を撫でたりする風磨くんに対して、勝利くんは一度も風磨くんの方を見ない。意地でも振り向かないし、むしろ風磨くんから離れようとする…そんなところは、すごく勝利くんっぽくて、ああ強がりだなあと思ったのですけど。

パフォーマンスが終わったあと、涙の止まらない勝利くんの肩を抱いて、ステージをはけながら、「(多分、勝利くんの20歳の誕生日のこと)おめでたいでしょ、みんなー」と笑顔で客席を見る風磨くんに惚れました。

 

私、ずっと風磨くん苦手だったのですけど、この映像を見て、素敵な人なんだなあと手のひらを返しました(笑)

 

勝利くんの20歳の誕生日にあわせてのパフォーマンスだったと思うのですけど。

披露前、何度も、「勝利のお父さんお母さんも…」と強調していた風磨くん。そのパフォーマンスを見ていて浮かんでくるのは、決して、勝利くん20歳のお誕生日おめでとうという言葉でなくて、やっぱり勝利くんのお父様のことでした。

パフォーマンスの後、うつった客席のファンの方々が涙していたのも、きっと同じように感じたからなのではないかな。

 

と思うと、これはやっぱりとっても不思議なことで、ここでも、改めて、アイドルは人生を切り売りして、半分くらいはともに歩ませてくれていると感じたのです。

勝利くんのお父様のことは存じ上げないけれど、でもお父様が亡くなったという勝利くんを主観とした事実は、勝利くんのファンである私たちにまで重たくのしかかってきて。パフォーマンスをしている2人をみてそのことを思い浮かべるなんて。

ファン目線で考えると、アイドルってこういうものなんだなあと思えるけれど、アイドル目線で考えると…どういう感覚なんだろう。

 

 

色々書きましたが、「20-Tw/Nty-」は、ここ最近で一番私が、アイドルとは?と衝撃を受けた映像なのだということをここに書き残しておきます。